S-CHALLENGE Bizlog

 
エスチャレンジ代表・フィジカルトレーナー飯島庸一の活動レポートのほか、ワークアウトやトレーニングに関するTips、コンディショニングワークショップやトレーニング講習会のご案内、フィットネストレンドなどをご紹介!
日本女子体育大学スキー部・チームトレーニングサポート@烏山


今期最後の日本女子体育大学スキー部のトレーニングサポートに行ってきました。

シーズンも間近、来週からヨーロッパ遠征に行く選手もいるので、今日はオフシーズンの総仕上げサポートとして、前半はスポーツパフォーマンステストのいくつかの項目を実施し、フィジカルの成果と課題の確認。



後半は、シーズン中に配信していくコンディションプログラムの方向性と、各自でコンディショントレーニングを行っていく際の注意ポイントや意識すべき動きなどを、いくつかのエクササイズをサンプルにして、実際にトレーニングしながら細かく説明していきました。



日女体のトレーニングサポートを始めて早4年。

今の4年生は丸々4オフシーズンのサポートに携わってきたので、サポートが終わって、いつもの様にお茶面な集合写真撮った後、このメンバーでこういう風に集合写真撮るのも今日が最後、と思うと少し寂しい感じになりました。



先日の東洋大学スキー部のトレーニングサポートでも感じていたのですが、大学終わってからも競技選手としてスキーをつづける選手は、多分1%以下。

殆どの選手が大学生で選手生活に一度ピリオドを打つことになります。

長いようで短い競技人生。大学でスキー競技を続けて来れたこと自体、親御さんやメーカーなど周りのサポートは勿論、選手自身も色々と苦労もあるはず。

そんな大学4年生達の最後のシーズン。
サポートしている東洋大・日女体スキー部だけではなく、全ての4年生選手達に心からケガ無く無事にシーズン終われる様に取り組んで欲しい。

そしてインカレは勿論、沢山のレースで笑顔で過ごせるように頑張って欲しいと思います。

日女体のみんないつも沢山の笑いをありがとう :-)



| Biz.レポート | 20:57 | - | - |



サンフィッシュ・スキークラブ トレーニング講習会@駒沢公園


10月下旬とは思えない暖かい気温の中、毎年恒例のサンフィッシュ・スキークラブのオフトレ講習会のサポートをしてきました。
今回はクラブ員外の方も数名参加され、計11名の社会人スキーヤーの皆さんが参加されました。

こちらのクラブ員さんには、都連の専門委の方やマスターズ優勝経験者の方などもいて、かなりハイレベル。
皆さんのリクエストにお応えすべく、こちらもマニアックな内容をレクチャーさせて頂きました。

まずはしっかり基本ポジションのお浚い。
一昨日、偶然に会えた元ワールドカップレーサー・佐々木明氏も強調していたのは、基本ポジションの大切さと重要性。
特にシーズン初めは、片脚で立ち、外脚に荷重するポジションをしっかり確立していくことが、その先のスキルの獲得に非常に重要となります。



深く高いレベルでの認知をしてもらうために、今回はポイントとなる理論コンテンツを iPad mini で回し見してもらいながら、トレーニングを進めていきました。



またターン前半・中盤・後半でイメージしている動きと実際の動作がリンクしているか、イメージしている動きが想定したターン弧にマッチしているかを、参加者同士でスマホで撮影しながら、動きを洗練させていきました。



結構、皆さんが興味持って頂いたのは、内スキーの股関節の使い方について。
股関節的には「屈曲・内転」状態から、切り換えの場面では「伸展・外転」状態に変化していくのですが、その動きと外スキーをシンクロさせていく辺りに注目されていた様です。

一見、スキーに直接関係ないような動作でも、機能解剖的には必要な動きばかり。



あっという間の2時間の講習でした。

サンフィッシュ・スキークラブの皆さんとは年末の雪上キャンプのご依頼も頂いていますので、今回の内容を踏まえて12月末の講習に繋げていきたいと思います。

参加者の皆さん、お疲れ様でした。
ありがとうございました!



| Biz.レポート | 22:03 | - | - |



大瀧徹也×飯島庸一・フィジカルトレーニングセミナー 2014 #4 @ICIアースプラザ


本日のセミナーテーマは「動作とイメージとの差違を減らす、イミテーションエクササイズ」。

前回のセミナーはコンディショニングの理論講習で、私が喋りまくってたので、今回は大瀧コーチメインで進めてもらいました!

スキー動作の基本となる「ベーシックエクササイズ」では、今週のワールドカップ開幕戦(GS)に出場する石井智也選手のスクワッテイングと側方移動を伴った片脚支持バランスの動作を参考に、参加者の皆さんと動作とイメージの差異をチェック。



「アドバイスエクササイズ」では、技術選チャンプの吉岡大輔選手の未公開映像や、ワールドカップ開幕戦にSLでエントリーする成田ひでゆき選手、今季の目玉になるであろうノルウェーのクリスチャンセン選手などの映像をもとに、ポイントなるシーンで大瀧コーチが解説しながら、滑りの動作を再現してもらいました。



どういう意識をすれば、同じ様な動作が再現出来るのか、個々にイメージの仕方は異なるので、すぐに一致させるのは難しいのですが、それでも大瀧コーチのアドバイスを適宜受けながら、参加者ご自身のスマホで動作を何度も撮影し、フィードバックしていくことて、大分差異が減ってきました。

自分の動きを繰り返し見る機会って、意外に少ないかもしれません。短い時間でしたが、動き作り、イメージ作りのキッカケになったと思います。

と、セミナーの途中で「世界のAKIRA」、昨シーズンで引退し、新たな道を進み始めた佐々木明氏が、嬉しいサプライズ乱入!



私も彼と再会するのはもの凄く久しぶりで、とても嬉しかったです。
なかなかスケジュール合わなくて、彼の引退パーティやら、先日の出版パーティなどに参加したかったけど、悉く出張と重なっていて、なかなか会う機会が無かったので、今回サプライズ乱入してくれて大変嬉しかった。

彼との出会いは、小学生の時から、戦いの舞台を海外に移すまでの約10年ちょっと。
数え切れないくらい、SALOMONの合宿や全日本ジュニアチームの合宿でサポートする機会があって、思い返せば素晴らしい経験と共に、とても良い想い出になっています。

彼の登場に私も驚きましたが、当然、参加者の皆さんもいきなり彼が入って来たので、かなりビックリされたと思います。

折角なので、参加者の皆さんに役立ちそうな質問を彼に2〜3投げかけてみました。とても親切に、そしてシンプルで本質的なアドバイスをしてくれました。



集合写真のリクエストまで応じてくれて、アキラ、ありがとね!

と、今回はこんな嬉しいハプニングもありましたが、大瀧コーチとのフィジカルトレーニングセミナーも残すところあと1回。

最終回は11月3日・15時から開催致します。いつもと開始時間が異なりますので、ご注意下さい。

詳細要項・お申し込みはこちら↓
http://blog.s-challenge.com/?eid=224221

皆様の参加、お待ちしています!
(ご質問・お問い合わせは info@s-challenge.com まで)

| Biz.レポート | 22:11 | - | - |



東洋大学スキー部・チームトレーニングサポート@板橋


今季最後のチームトレーニングサポートに行ってきました。

殆どの4年生選手は今季で引退することになるだろうし、当然オフトレのサポートはこれで最後になってしまう訳だから、現場では「今季最後」という言葉はなかなか言えない。毎年の事ですが、なかなか心情的に辛い時期でもあります。
お互いにその辺の想いを心に留めながら、サポートしてきました。

前半はいくつかのパフォーマンステスト(プロアジリティ、スクエアステップ、片脚2連続ジャンプ、シャトルラン)を実施。



後半は、もうすぐ海外遠征という選手もいるので、強化トレーニングというよりは、カラダの使い方チェックを中心に。



特に選手同士でコンビになって、お互いに股関節周りの動きの精度や片脚支持バランスのチェック。



片脚支持バランスから発展させた、シーズン中のコンディショントレーニングに使ってもらえるようなエクササイズバリエーションを紹介しつつ、トレーニングしてもらいました。



ベーシックなフィジカルパフォーマンスは色々な大学チームを鑑みてもトップクラスだと思います。
あとはケガある選手はしっかり回復させ、そして動きの精度と複合的な動作の中でのバランスコントロールをもう少し高めていければ、彼らのフィジカルパフォーマンスをもっとスキーに伝えられると思うので、あとはプログラムサポートでシーズン中のサポートを行っていきたいと思います

最後は格好良いポーズで締めの写真をと思ったら、何故かこんなポーズに....。
今までで一番良かった、気がする(笑







チームトレーニングは今月末で終了、11月中旬より中国遠征の予定とのこと。
ベストコンディションでシーズンイン出来るように、しっかり調整していって下さい。

| Biz.レポート | 22:34 | - | - |



SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン@蔵王猿倉 2014


今季最後のSALOMONフィジカルトレーニングキャラバン(PTC)は蔵王猿倉。

蔵王猿倉スキー場には今回初めて行きました。
正直スキー場としては、かなりこじんまりしたスキー場ですが、準高地トレーニングで有名な坊平のトレーニング施設なども近くにあり、オフTR.するにはとても良い環境でした。

今回のPTCには、県内外から27名の選手達が集まってくれて、選手達もオフシーズンに沢山の仲間に会えて、とても楽しそうでした。

ジュニア選手達や父兄の皆さんがオフシーズンに顔を合わせる場所の提供も、このフィジカルトレーニングキャラバンの目的の1つ。小学生低学年の選手達も楽しくトレーニング出来たみたいです。



天気の方も2日間共、秋晴れ。
あまりにも天気が良いし、フィールドも整っていたので、定番のパフォーマンステストは無しにして、両日ともに屋外でトレーニングしました。

さて今回のトレーニングでは、「ブーツを履いた状態での股関節の可動性トレーニング」、「素早い動きをする為の動的支持基底のトレーニング」、「ターン時の内股関節を使える様にする為のトレーニング」、この3つのテーマを、平地から斜面へと段階的にレベルアップして行いました。













また、ダッシュから脚の捻りを使っての方向転換やジグザグランでの股関節の動作規制など、ノーマルなエクササイズにスキーに必要な動作を組みあわせたトレーニングもいくつか行いました。








素晴らしい秋晴れ、そして蔵王の紅葉の元で2日間楽しくサポート出来ました。参加選手の皆さん、ご父兄・関係コーチの皆さん、ありがとうございました。良いコンディションでシーズンイン出来るように、最後の調整、頑張りましょう!



| Biz.レポート | 22:34 | comments(0) | - |



SALOMONレーシングチーム・フィジカル強化合宿@かもい岳 2014


道内のSALOMONマテリアル使用選手を対象としたフィジカル強化合宿を、歌志内のかもい岳温泉ホテルをベースに2泊3日で行いました。
今回は下は小学生4年生から高校3年生まで、計21名の選手が参加。

雪虫も飛んでいて、北海道はシーズン直前。
フィジカルを高める、というよりも鍛えてきたフィジカルをどうスキーに対して正確に効率良く伝えるためのトレーニングを中心に行いました。

フィジカルのアウトプットの正確性を高めるためには、複合的な動作の洗練が重要なので、まずはペアでないと出来ないアクティブストレッチを。





自分のバランス状態を自分自身でモニタリング出来る様に、ポールを使ったバランスコントロールエクササイズ。







色々な動作規制をして、バランスコントロール幅を狭くして、よりシビアに自分のポジションを確認。





アジリティ&クイックネスでは、イメージと動きの差違をしっかり把握するために、選手同士でスマホで動画撮影して、その場でフィードバック。



スキーに必要な股関節の内旋・外旋・内転・外転動作をフィールドトレーニングに取り入れていきます。これは内旋動作を使ったストップ&ダッシュ。



安定したポジションが得られていれば、複雑なステップワークもリズミカルに出来る様になります。



ハードなトレーニングも色々織り交ぜながらも、ポジションの正確性や股関節の機能性にテーマをおいて、運動量も十分確保出来、充実の強化合宿が出来ました。

今シーズンのSALOMONアスリート達の活躍が楽しみです!



| Biz.レポート | 20:33 | comments(0) | - |



大瀧徹也×飯島庸一・フィジカルトレーニングセミナー 2014 #3 @ICIアースプラザ
今季3回目の大瀧徹也コーチとのコラボフィジカルトレーニングセミナー、今回は少し志向を変えて「スキーヤーの為のスポーツニュートリジョンとシーズン中のコンディショニングテクニック」。

短い様で長いウィンターシーズン。社会人スキーヤーの皆さんは、平日は仕事に勤しみ、毎週末はゲレンデで滑りまくり。

疲労も次第に蓄積し、滑りのパフォーマンスも低下しやすく、またフィジカルも落ちて来て、風邪を引きやすくなったり、怪我に結びついたり...。

どうすれば良いコンディションでシーズン最後まで滑れるか、フィジカルの低下を最小限に抑えることが出来るか、社会人スキーヤーの皆さんにとっては非常に大切な課題だと思います。

そして、「大会やレースでパフォーマンスを確実に上げるために、誰にでも出来るたった2つのこと」、「コブ攻略の為に一番効果が高いトレーニング」、...など雪上パフォーマンスに直結しやすいコンディショニングテクニックもレクチャーさせて頂きました。

既知の内容もあったかと思いますが、エビデンスや実際にフィードバックする際のポイントも交えて説明させて頂いたので、少しでも今シーズンのコンディショニングに役立せてもらえると思います。



次回は10月23日、今回は私ばかり喋り捲ったので、次回は大瀧コーチメインで「動作とイメージとの差違を減らす、イミテーションエクササイズ」です。
開催要項はこちら↓
http://blog.s-challenge.com/?eid=223760

| Biz.レポート | 22:41 | comments(0) | - |



S-CHALLENGE スキーコンディショニングワークショップ #130 @駒沢公園


台風の影響で大雨降る中での開催でした。
幸い、今回のワークショップのテーマがポジショニングについてのトレーニングでしたので、大きなスペースを必要としない内容だったため、雨が凌げる場所を上手く活用して、開催させて頂きました。



今回の参加者の中にはわざわざ愛知県から参加された方もいらっしゃいました。
雨天の中、ご参加頂いた皆さんありがとうございました。



今回のワークショップでは、こちらがリクエストさせて頂いたフォームやエクササイズでの動きが、実際カラダで正確にアウトプット出来ているかどうかを確認し、自覚して頂くことで、近づいてきているシーズンまでの課題を整理して頂くのに役立ててもらう目的で展開させて頂きました。



お持ち頂いたデジカメやスマホで、ご自身のフォームや動きを撮影し、その場でフィードバックしてもらったり、簡単なジャンプテストで足裏荷重の正確性や出力の方向性を確認したり、MEMBOUを使って正しく荷重した状態でリクエストされた運動が出来るかなどを行って頂きました。



動き的には特段難しいというものは少なかったと思いますが、正確さを意識すれば難易度があがる訳で、それぞれの技術レベルに応じた精度の高さの必要性と実運動の差違を感じられたと思います。

次回の開催は11月02日・日曜日、要項は近々にアップ致します。

| Biz.レポート | 16:14 | comments(0) | - |



参加者募集:(10/23)大瀧徹也×飯島庸一フィジカルトレーニングセミナー 2014 #4
17時に参加者募集を終了致します(10/23 AM10:30)



大瀧徹也×飯島庸一フィジカルトレーニングセミナー 2014 #4 開催要項

テーマ:動作とイメージとの差違を減らす、イミテーションエクササイズ

内容
自分が撮影された映像と自分の滑りのイメージとの差の大きさに驚いたことありませんか?
シーズン近づいて来て、高まる滑りのイメージ。しかし、そのままカラダ動かせますか?
イミテーションエクササイズとは、動きを「Imitation=真似る」エクササイズです。大瀧コーチのフォームや映し出された映像のフォームを真似て、お手持ちのスマホなどでフォームチェックして頂き、その場で修正していきます。
最初は差があっても、繰り返して行えばイメージとの差違は減らせます。
セミナー終えた瞬間、今にでも滑りたくなるはず!

日時:2014年10月23日・木曜日 18:20-19:45(18:00 受付開始)

場所:ICI石井スポーツ ICI Club 6F イベントスペース「アースプラザ」
http://www.ici-club.jp/earth.html

募集人数:20名(先着順)

募集締切:開催日の2日前

料金:3,000円(税込)
※SNSでシェアすると10%OFFでチケットを購入出来ます

講師
大瀧徹也(サロモンデモチーム・プロモーションスタッフ)
飯島庸一(S-CHALLENGE代表、全日本スキーチーム・フィジカルトレーナー、サロモンレーシングチーム・トレーナー)

お申込方法
・予約専用ページよりお申込下さい(Peatix)
 http://ptix.co/1x51Q1Q
・必ず参加者ご本人様のお名前でお申込下さい
・お支払いには各クレジットカード・コンビニ・ATMでのお支払いがご利用出来ます。
 なお支払手数料は一切かかりません。
・Peatixサイトでお支払いお手続きの際に、
 このワークショップをFacebookまたはTwitterでシェアすると
 10%オフでチケットを購入できます。
・お振り込みの最終期限は開催日の3日前です
・Peatixでのお手続きに関してはこちらのサイトをご参照下さい。
 http://help.peatix.com/

キャンセルについて
□以下の期日でキャンセル料が発生いたします。ご注意ください。
・開催日3日前〜前日 50%の返金
・開催日当日 返金なし

その他
・汗かくレベルの運動は行いません。普段着で構いませんが、多少動きやすい服装がお勧めです。
・開脚する動きがありますので、女性の方は服装にご注意下さい。

| Biz.レポート | 12:49 | comments(1) | - |




CATEGORIES
SELECTED ENTRIES

Twitter:ezy_jp

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2014 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ
    飯島庸一 (11/07)
  • SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ
    マキノ松本 (11/03)
  • 今季注目のShiffrin Mikaela選手(USA 95年生)のフリースキー映像
    「M」 (03/10)
  • 今季注目のShiffrin Mikaela選手(USA 95年生)のフリースキー映像
    Speed Flex (03/10)
  • テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング
    ezy (11/15)
  • テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング
    dmsjohn (11/10)
  • 全日本アルペン女子チーム、北欧滞在中!
    Kakitani Akemi (12/12)
  • 全日本アルペン女子チーム、北欧滞在中!
    こいけ (12/11)
  • 全日本スキー連盟 チルドレン・コンディショニング強化合宿(長野・菅平)
    ezy (09/04)
  • 全日本スキー連盟 チルドレン・コンディショニング強化合宿(長野・菅平)
    くまさん (09/03)
LINKS
PROFILE
    クリックで救える命がある。