S-CHALLENGE Bizlog

 
エスチャレンジ代表・フィジカルトレーナー飯島庸一の活動レポートのほか、ワークアウトやトレーニングに関するTips、コンディショニングワークショップやトレーニング講習会のご案内、フィットネストレンドなどをご紹介!
SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン@菅平 2014


3年目のSALOMONフィジカルトレーニングキャラバン、スタートは甲信越@菅平会場から。

生憎、初日土曜日は微妙な天気でしたが、予定通り体育館で「スポーツパフォーマンステスト」を実施。
過去に参加されている選手は、過去の自分の記録と向き合い、今年初参加の選手は記録用紙に併記してある、年代別・性別目標値と比較。



こういうフィジカルパフォーマンステストは数値の善し悪しではなく、どういうトレーニングをしてきたか、そしてどういう数値になっているか、過去の行動(トレーニング)に対する評価をチェックすることが大事です。

そして、その数値を見て、未来の行動(トレーニング)を決める材料にしていく。

普段はみんな学校や各地域でトレーニングしているから、夏休みや休日くらしか他の選手よりも多くトレーニングしたり、違うトレーニングしたりすることは出来ません。



ライバルに差をつけるためには、普段のトレーニングの中でちょっとしたポイントだけ、意識を変えたり工夫をしてみる。
そんな話を選手達にしつつ、初日のパフォーマンステストとクイックネス&アジリティが終了。

2日、早朝まで雨降っていましたが、スタート時間には高原の夏空を堪能しながら、みんなでトレーニング出来ました。



去年、アジリティポールを買ったばかりでしたが、ジョイントが可倒式のものが存在することを知ってしまったので、ポチってしまいました。





色々検索してみたのですが、根元が可倒式のものはこの WILD FIT のスラロームポール だけでした。



逆手禁止、と言っていたのに約1名が逆手して、早速1本ヒビ入ってしまいましたが、良いトレーニングが出来たので良しとしましょう!

最後になってしまいましたが、この会場のゲストコーチはナショナルチームの石川晴菜選手、早稲田大学の清野嵩悠選手、法政大学の下村彩恵選手と下村美緒選手が参加してくれました。

4名とも自分の動作に対する気づきもあったみたいで、沢山質問してきましたが、すぐに自分達で咀嚼して、参加してくれた選手達にフィードバックしてくれているのが、とても嬉しかったです。
アテンド、ありがとね!




丁度、試験期間の学校が多いみたいで参加出来ない選手が多かったみたいですが、それでも17名の選手が集まってくれました。
次回の甲信越地区のフィジカルトレーニングキャラバンは9月6日-7日に野沢で開催します。

詳細や他の地区の日程はS-CHALLENGEのイベント案内を参考にして下さい。





| Biz.レポート | 20:14 | comments(0) | - |



関根学園高校スキー部・チームトレーニングサポート@上越高田


今日は上越高田にある関根学園高校スキー部のトレーニングサポート。
2011年からトレーニングサポートをさせて頂いているので今年で4年目。

今日は今シーズン最初のサポートなので、パフォーマンステストを実施。
まずは内容や年代別・性別目標値を確認してもらいます。



ファンクショナルムーブメントからスタート。
2-3年生は、昨年に比べて大分ポジションがイイです!



今年は女子3人男子1名の合計4名の新入部員が加わりました。



1年生にしてはファンクショナルムーブメントなど、基本動作がしっかり出来ている感じ。
ちょいと楽しみです!



今日は室内は気温30度!
湿度が50%ちょっとだったので、多少たすかりましたが、まだ本格的な暑さに慣れていないこの時期は熱射病になりやすい時期。
しかし選手達は元気にパフォーマンステストに取り組んでくれました。





〆はシャトルラン。
流石に他の種目に比べて、数値が伸びませんでした。

8月下旬には、妙高高原でラン&ラン&ラン、という感じの2泊3日の夏季強化合宿を予定。
今年は昨年以上に走らせたいと思います。
(またまた変顔やらせてしまいました。ノってくれた関根のみんなありがとう!)



| Biz.レポート | 20:57 | comments(0) | - |



東洋大学スキー部・チームトレーニングサポート@板橋


今日は今季2回目の東洋大学スキー部のトレーニングサポートをしに、板橋にある総合スポーツセンターに行ってきました。

今日のテーマは前回時間切れで実施出来なかったマルチステージ(シャトルラン)テストと現在提供しているプログラムの内容のチェックです。

まずは、ほぼスキー部が独占的に利用している素晴らしい「練習室」でシャトルラン。
室内目一杯使って、ギリギリ20m取れます。



もう一頑張りしていかないといけない選手もいましたが、概ねこの時期にしては良い記録をマークした選手が多かったです。

目一杯頑張った後は、1階のトレーニングジムにて、ストレングストレーニングの極意やポイント、効果的なプロティンの選択・使用方法などをプチレクチャー。
そして、提供しているトレーニングプログラムのフォームチェックを満遍なく行いました。





例えば、極々単純なレッグエクステンション。
大腿四頭筋を鍛える単関節運動の筋トレマシンですが、選手達にやってもらうと大腿四頭筋には効いているけど、隅から隅まで筋繊維が動員されていなかったり、足首や腕に力を入れすぎてしまったり、修正すべき箇所は色々あります。



◎膝関節の可動軸をマシンの可動軸と合わせる(関節内に不要な負担をかけず、ターゲットにしている筋のみに多く刺激を与えるため)
◎足のロールパットの中心位置が足関節の中心より僅かに脛側に位置する様にセットする(足関節の介入があれば、2関節運動になってしまう)
◎持ち上げる時に足首に力を入れない(前脛骨筋の介入が生じてしまう)
◎降ろすときに、心持ち足裏全体で大きな孤を描きながら降ろす(大腿直筋の伸展を大きく出来、起始から停止までしっかり筋に刺激を与えることが出来る)

ちょっとした使い方や意識の差でも、選手達が感じる抵抗に対する刺激は全く別物。
体感した選手達は、かなり素直に驚いてくれて、教えている立場からしてもとても楽しく出来ました。



時々、こういうチェックは大切ですし、大学生レベルのトレーニングではとても重要です。



次にみんなに会うのは8月のプチ合宿。
さらにパワーアップした彼らのサポートが楽しみです!

| Biz.レポート | 21:35 | comments(0) | - |



S-CHALLENGE スキーコンディショニングワークショップ #125 @駒沢公園


6月22日、関東付近、気圧の谷が通過している最中、雨を凌げる場所を確保し、無事にコンディショニングワークショップを開催出来ました。

今回のコンディショニングワークショップのテーマは「ストラップを使ったファンクショナルストレッチング+基本的なアジリティ&クイックネストレーニング」と2本立て。

まず前半は「ストラップを使ったファンクショナルストレッチング」をレクチャー。



数年前から雪上サポートの現場では、ストラップを使用してのファンクショナルストレッチングを選手達に展開しています。
ストレッチ専用のストラップも販売されていて、実際に使っていたこともあるのですが、最近はもう少し丈夫なクライミングなどで使用する「スリング」を使用しています。

私が使用しているのはBeal製のスリングで、今回皆さんにお配りしたのがこちらの40cmのもの。
ストレッチ専用のものより短くで持ち運びや使い勝手が良いのでオススメです。



サッカー日本代表のアップシーンでもロープ使ってストレッチしたりする映像を良く目にしますが、多くのアスリートに広く普及するにはもう少し時間がかかるかもしれません。

ただストラップを使うことで、
・深部の筋群まで伸ばしやすい
・多関節の伸展動作がしやすい
・パートナーストレッチと同様の効果を得やすい
といったメリットがあると思います。

実際に雪上サポートで使っているシーンはこちら。





皆さんにも立位と臥位姿勢でのバリエーションを実際に試して頂きました。
特に大人の方には、ホントオススメです。



後半は「基本的なアジリティ&クイックネストレーニング」。
本当に基本となる「前から後に」「後から前に」「横への移動」「クロスステップ」「脚の捻り」という、本当にベーシックな動きについてアジリティやクイックネストレーニングをしていく際の、正しい動作・フォーム・注意点を理解して頂き、また基本的なバリエーショントレーニングもして頂きました。





あっという間の2時間半でした!

最後に、早朝のワークショップ開催案内の不手際で3名の方が参加することで出来ず、大変申し訳ありませんでした。
m(_._)m

参加して頂いた皆さん、早朝にバタバタさせてしまい申し訳ありません。
またご参加頂きありがとうございました。

次回は7月6日、要項はこちら↓
http://blog.s-challenge.com/?eid=219801


| Biz.レポート | 18:05 | comments(0) | - |



福知山成美高校スキー部・チームトレーニングサポート@京都・福知山


6月11日、プログラムサポートしている京都の福知山成美高校スキー部のトレーニングサポートに行って来ました。

今回のサポートの目的は現在配信しているチームプログラムに掲載している、ウエイトトレーニングのフォームチェック。

スキー部監督の吉田先生から「成美高校スキー部の選手は比較的、線が細い選手が多く、夏までに一回り大きくさせたい!」というリクエストもあり、今季オフシーズンの前半はカラダのスケールUPに重点を置いた強化プログラムを提供しています。

遠方のため、小まめにトレーニングサポートしてあげられないので、今回は彼らが普段抱いている疑問や問題解決を優先。さらにそれを発展させながら、ベーシックなエクササイズの細かく深いアプローチについてアドバイス。



また、筋トレの様なカラダ作りのトレーニングというのは、フォームが悪いとマイナスに作用してしまう事もあるので、トレーニングパートナーとしてサポートする選手達の「見る目」や「サポートテクニック」のアップグレードも非常に大切なので、それらについてもレクチャー&チェックしました。

福知山成美高校スキー部にはモーグル部員が2名在籍していて、3年生の畑田選手は昨シーズンはワールドカップでもリザルトを残したり、世界ジュニア選手権にも出場しているモーグルのナショナルチーム選手。
平昌オリンピックに向けてアルペン部員と一緒にトレーニングしています。



成美高校スキー部のサポートを開始して5年目になりますが、今回は初期の選手達3名ががOBとして参加してくれて、日頃の大学でのトレーニングの質問などをしてくれたこと、非常に嬉しかったです。

また彼らが後輩達に一生懸命アドバイスしたりする光景も、とても良かった。



アルペンスキーは個人競技のスポーツですが、1人では練習出来ないスポーツでもあります。
チームの力、そしてOB・OGとの縦の繋がり、そういうものも大切にして成長していって欲しいと思います。




| Biz.レポート | 20:04 | comments(0) | - |



SALOMON&ThreeBond トレーニング強化合宿@白馬


6月7日から2日間、長野県白馬村にてSALOMONアルペンチームの強化合宿をサポートしてきました。

この合宿は株式会社スリーボンドさんがSALOMONチームの中高生の強化プログラムに対してスポンサードされている特別強化合宿で、2022年の冬季オリンピックに向けた強化を目的として行っています。

伸び盛り、育ち盛りのジュニア選手達の合宿を行う時に、私が1番気にするのは「宿泊地」。
強化合宿などは運動量がそれなりに増えますので、バラエティに富んだ栄養価の高い食事を提供してくれることが1番大事です。



偏食やアレルギーを持っている選手も少なくないのですが、いつも利用させて頂いているスリーボンドさんの保養所「ザ・ロッジ白馬」では、そういうところにも非常に気を使って頂いていて、本当に有り難いです。

沢山食べれなかったり、食事の摂取内容に偏りがあると、体づくりの重要な時期に置いてかなりマイナスです。



さて、トレーニングの方ですが、梅雨入り直後だったので、半日しか芝のフィールドやクロスカントリーコースでのラントレーニングが出来なかったのですが、地元白馬の伊藤コーチが体育館の手配をしっかりして頂いていたので、十分な量のプログラムを消化することが出来ました。

いくつかテーマがありましたが、その内の1つが「クロスステップを使ったアジリティ&クイックネス」



横方向にステップする際、移動側の脚を横に開くのがオープンステップ、反対の脚を横に開くのがクロスステップです。
股関節の可動としてはオープンステップが股関節の外転動作、クロスステップが股関節の内転動作になりますが、例えば内倒しやすい選手はクロスステップすると、内腰が下がってしまいます。



これは内側の外転筋群がしなやかに使えないことが一因。

骨盤の傾きや向きは重心の向き傾きにダイレクトに影響するので、こういうチェック&修正はオフシーズンのTR.でしっかりやることが重要です。

膝への不要な捻転負荷を軽減させていくためにも、股関節の対応能力を増やしていくことが大事なので、オープンステップよりも、ジュニア選手は是非クロスステップを使って骨盤の向きや傾きを意識した、アジリティ&クイックネスに取り組んで見て下さい。

あと細かいテーマはいくつかありましたが、今回は強化合宿なので、「しっかり追い込んでみる」ということもとても重要なテーマでした。今回試験なども重なり、少し参加人数が少なかったのですが、今回参加した選手達は皆モチベーション高く、限界にチャレンジ出来ていたと思います。

トレーナー側の「追い込む能力」と選手側の「追い込める能力」のコラボの結果、こうなってくれればお互いに合格点です!



次回のSALOMON&ThreeBond強化合宿は9月に再び白馬で開催を予定。
このオフシーズンの彼らの成長を楽しみにしたいと思います。

| Biz.レポート | 10:08 | comments(0) | - |




CATEGORIES
SELECTED ENTRIES

Twitter:ezy_jp

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< June 2014 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ
    飯島庸一 (11/07)
  • SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ
    マキノ松本 (11/03)
  • 今季注目のShiffrin Mikaela選手(USA 95年生)のフリースキー映像
    「M」 (03/10)
  • 今季注目のShiffrin Mikaela選手(USA 95年生)のフリースキー映像
    Speed Flex (03/10)
  • テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング
    ezy (11/15)
  • テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング
    dmsjohn (11/10)
  • 全日本アルペン女子チーム、北欧滞在中!
    Kakitani Akemi (12/12)
  • 全日本アルペン女子チーム、北欧滞在中!
    こいけ (12/11)
  • 全日本スキー連盟 チルドレン・コンディショニング強化合宿(長野・菅平)
    ezy (09/04)
  • 全日本スキー連盟 チルドレン・コンディショニング強化合宿(長野・菅平)
    くまさん (09/03)
LINKS
PROFILE
    クリックで救える命がある。