S-CHALLENGE Bizlog

 
エスチャレンジ代表・フィジカルトレーナー飯島庸一の活動レポートのほか、ワークアウトやトレーニングに関するTips、コンディショニングワークショップやトレーニング講習会のご案内、フィットネストレンドなどをご紹介!
Sun Fish スキークラブ・雪上合宿@韓国・Sungwoo Resort
 


当初予定していた便が1ヶ月前に欠航となったり、合宿地に予定していたO2リゾートが韓国大統領選の影響でオープンが来年2月になったため、合宿地を変更したりと、参加者の皆さんはきっとハラハラしていたと思いますが、韓国に到着してからは現地コーディネーターのHurさんやスキー場関係者のご協力もあって、大変スムーズにスケジュールを消化出来ました。

関西から私のクライアントさん2名(2人とも国体レーサーです)も特別参加し、Sun Fish スキークラブとしては記念すべき初の海外合宿の講師を務めさせて頂きました
m(_._)m




今年は日本も多くのスキー場で滑走出来る状況になっています。参加された方々も、現在の日本の状況を見聞きしていると、韓国まで来る意味を色々と考えられている方もいたかもしれません。

今回合宿で利用したSungwoo Resortはソウル市内から約160kmと比較的近く、写真でも判る様に、大変長い距離を滑走出来ます。多分日本でまだこれだけの距離を高速クワッドで滑れるところはあまり無いでしょう。更にかなり混雑しているにも係わらず、コースの一部にショートポールを張ってトレーニングすることも出来ました。

この時期はベーシックエクササイズを沢山行うことが大切だと思いますが、今回の参加者の皆さんの様にレベルの高いスキーヤーの方は、ターン孤を規制したベーシックエクササイズを行うことで、本質的な巧さを極めていくことが出来ると思います。




今回の雪上トレーニングでは、「外傾と外向姿勢を使い分ける」ことをテーマに講習させて頂きました。色々なテクニックがありますが、スキーに必要不可欠な運動が正しく出来て、その上にテクニックや個性というものがあると私は考えています。

物理的に整合性が取れた、滑走に最適なポジションや姿勢や動作をしっかり出来る様にすることで、どんな斜面でも転ばない基本ポジションが身につくと思います。

外傾姿勢と外向姿勢を正しく使い分けて股関節を動かすということは、簡単そうで意外に難しいもの。外傾と外向に求められる機能的役割は異なります。それらの役割を頭の中で整理し、カラダで表現出来る様にし、ターンの中で最適化していくトレーニングを、今回させて頂きました。

あとは参加者皆さんが目指すスキーに必要なターンテクニックを肉付けしていければ良いと思います。

トップスキーヤーだけに個性の違いがあるのではなく、一般スキーヤーの皆さんにも骨格の違い、フィーリングの違い、カラダの使い方の違いがあって、それらが調和して個性となっていきます。

個性を活かすためにも、この時期にじっくりと基本を極めていくには、今回の韓国合宿は最高のトレーニング環境で行えたと思います。

スキーは文化、異国の地ではしっかり異国の食文化を堪能することも大事です。大人の集まりらしく、大変美味しい韓国食文化もしっかり味わって頂きました。

参加者の皆さん、お疲れ様でした!







| Biz.レポート | 14:17 | comments(0) | - |



金谷多一郎プロ・トレーニングサポート@三鷹
121120 金谷多一郎プロ・トレーニングサポート@三鷹




約1年ぶりの金谷多一郎プロのサポート。オーストラリアのゴールドコースト合宿で知り合ってからもう11年、長きに渡りサポートさせて頂いています。

私もかなり出張が多い方ですが、金谷プロは比較する様な半端なスケジュールではありません。トレーニングプログラムは定期的に配信しているものの、やはり時々チェックしてもらいたいとお互いのスケジュールを時々メールですりあわせていても、1年空いてしまいました...。

金谷プロはイベントなどでのレッスンの他に、プロのティーチング、雑誌やトーナメントのレポ、用具開発に関わるお仕事と、とても幅広く活動されてます。

今回聞いた話では、現在開発に関わっているクラブのサンプルシャフトは300本もあって、それをX. R. S. とフレックス毎に使う側の力量なども加味して、チョイスする様な仕事もあったとか。

本当に体力勝負ですよね。

そんな金谷プロに提供しているトレーニングプログラムは、プロゴルファーとしてのパフォーマンスよりも、アスリートして良いコンディションを維持し、アライメントをなるべく崩さない様にして故障のリスクを減らすことをメインテーマにしています。


現在配信している金谷プロのトレーニングプログラムでは、出張先のホテルなどでも出来る様に自体重のエクササイズが多いのですが、反復し始めは余裕な感じだったのが...。




反復を重ねると、段々険しい顔つきに変化していました。
次の日も撮影で、「お手柔らかに!」と言われていたのですが、1年ぶりですからついつい...。




しかし、何度見ても素晴らしいスイングです!



| Biz.レポート | 19:37 | comments(0) | - |



S-CHALLENGE スキーコンディショニングワークショップ #118 @武蔵野の森公園
 



2012年最後のワークショップも晴天の下、開催出来ました。

今年はスキー場が沢山オープンしていて、すでにシーズンインされている方が多く、参加者3名と少なかったのですが、その分個別にアドバイスさせて頂く時間を多く取れたので、参加者の方々にはいつも以上に満足して頂けたと、勝手に思っております!

今回のワークショップのテーマは「斜面で動けるポジションづくり」

講習内容としては、体軸を倒すことによる重心移動と荷重変換による重心移動の運動的な使い分けをしっかり行えることは、技術の幅を広げることにも繋がるので、「股関節の内外旋を伴った内外転動作の機能性トレーニング」「斜面に対して水平レベルでの骨盤スライド」について集中的にトレーニングしました。

日常生活の中で大きな内外転動作(開脚や閉脚動作)と内外旋動作をする場面は殆どないので、どうしてもこの2つを同時に行い、そして左右の動作を協調させて動かす能力というは、意図的に鍛えていけません。

シーズン中のコントレでもカギとなるポイントです。
参加者の皆さんの動きのエラーポイントも、雪上のクセと全くリンクします。

講習後半はかなり皆さん股関節の動きがスムーズになってきました。






本日のワークショップで2012年オフシーズンの全ての活動を終えることが出来ました。
今年オフシーズンにサポートさせて頂いた累計1337名の皆さん、ありがとうございました!

オフトレの成果が少しでも雪上パフォーマンスにフィードバックされるように、シーズン中も少しずつコントレも継続して頑張って下さい!

| Biz.レポート | 17:34 | comments(0) | - |



岐阜県スキー連盟・コーチセミナー+トレーニング講習会@飛騨高山
 



今季オフシーズン、最後の出張サポート。飛騨高山と国府で開催された、岐阜県スキー連盟のジュニアコーチセミナーとトレーニング講習会のサポートに行ってきました。

コーチセミナーの方は10日の夜に飛騨高山高校にて、ジュニア選手の父兄も含め約20名の方が参加して頂きました。

コーチセミナーのテーマとしては、県連コーチの方からのリクエストを主に、以下の4つの項目を短い時間でしたが説明させて頂きました。
・一貫性を持ったトレーニングの重要性(過去の岐阜県連の強化サポートの内容とリンクさせて)
・ジュニア期に身につけたいポジションコントロールとファンクショナルモーション
・エビデンスに基づいたアクティブイメトレ
・他の地域での取り組みについて

岐阜県スキー連盟のトレーニングサポートは全国中学と国体の開催についての強化プロジェクトの一貫として携わらせて頂き、かれこれ6年目になります。

サポート開始当時、中学2年生だった選手が今大学生となり、今回のセミナーやトレーニング講習会に参加してくれて、みんなのお手本にもなっていました。こういうプロジェクトは1年2年で成果が出るものでは無く、こういう選手が続いていくことで、少しずつ底上げされていきます。

大変時間がかかりますが、選手強化に近道無し。地道な強化活動の成果が見え始めている感じがします。





そして11日は国府のB&G海洋センターの体育館を借り切って、昨日のコーチセミナーの内容とリンクさせたトレーニング講習会の講師を務めさせて頂きました。

テーマとしては、ウォームアップのポイントと具体的なエクササイズの紹介と実践、そして最近多用している麺棒を使った足首の動きを規制したファンクショナルモーショントレーニングです。

スタート前のウォームアップの目的、ポイント、具体的なエクササイズをみんなで行ってもらい、またペアでお互いの動きを見てアドバイスすることで、視る能力を高めることと、フィードバックを多くすることで、効率良く動きの本質を理解してもらうようにしました。

麺棒を使った足首の動きを規制したファンクショナルモーショントレーニングでは、骨盤の外傾姿勢、外向姿勢、荷重動作を使い分けて股関節の運動出来る様にすること、運動とイメージの差違を少なくすることに注視してトレーニングしてもらいました。

特に外傾と外向は別々の役割があり、それらを使い分けて動かせなければ、複合的な動作は難しいのですが、全国色々と回っても高校生でもしっかり出来ている選手が非常に少ないのに驚いています。

この外傾と外向を使い分けて股関節の運動が出来ないと、雪上の基本練習をいくら行っても時間の無駄だと思っております。





今季のオフトレのサポートでは、全国各地の会場で同じ様なことを沢山述べさせて頂きました。

まだまだオフトレでやらなければいけないこと、伝えていかなければならないことが沢山あって、もっともっと多くの選手達のサポートに携わりたいと、今季の締めくくりのサポートで感じた次第です。







来オフシーズンも全国色々な選手達に出会い、アドバイスさせて頂く機会を得られると思いますが、私の方ももっと色々なトレーニングを見聞きし、自分でも試してみて、スキーの巧さ・速さに役立つトレーニングを提案していきたいと思います。

今回参加して頂いたコーチ・選手・父兄の皆さん、岐阜県連コーチの皆さんありがとうございました。





| Biz.レポート | 17:32 | comments(0) | - |



日本女子体育大学スキー部・トレーニングサポート@武蔵野の森公園
 



秋晴れの下、いつもワークショップで利用している武蔵野の森公園で、日本女子体育大学スキー部のトレーニングサポートを行いました。

今日のトレーニングの内容は、普段の練習では平地でのトレーニングが多いので、シーズン間近なので斜面に適応したフィジカルパフォーマンスのアウトプットについて、イメージと実際の運動との差違を少なくすることをメインに行いました。

しかし、最強...、いえ最高の日女体スキー部の面々、今日も大変楽しませてくれましたよ!



とりあえずペアになって映像を撮りながら反復トレーニングしていると...





すぐ奥は調布飛行場なので、飛行機が来る度に飛行機を捕まえている写真を撮りたくて、ジャンプ!





再び真面目に外傾を意識した運動規制のトレーニングをして....。





飛行機が来たので、ジャンプ!!





そして、こんなことしたり。





こんな絵面を試して見たり。





お決まりの変顔したり。





とにかく最強の...、いえ最高の選手達です!
みんないつも楽しませてくれてありがとう(笑

シーズン最後まで、このパワーで乗り切って下さい!




| Biz.レポート | 17:25 | comments(0) | - |



大瀧徹也+飯島庸一フィジカルトレーニングセミナー 2012 #7 @ICIアースプラザ
 


2012年最後のフィジカルトレーニングセミナー@ICIアースプラザ、今回も大瀧徹也選手とコラボして、自分で言うのもなんですが、シーズン直前には最適で中身の濃いセミナーをさせて頂きました。

今回のテーマは「基本ポジションとエッジコントロールが上手くなる、お手軽バランストレーニング!」、こんなものを使ってトレーニングしました。



麺棒です。このブログをチェックされてる方はご存知だと思いますが、この上に乗ることにより足関節の稼動を制限し、股関節の動きを促します。

同様のトレーニングは2回ほどS-CHALLENGEのワークショップでも行いましたが、今回は大瀧選手がいるので、ターン動作に直結させてトレーニングして頂きました。

私自身も大瀧選手の皆さんへのアドバイスが、大変響くものがあり、また新しいエクササイズのイメージが湧き上がってきて、勉強になりました。






そして、このセミナーも今季最後でしたので、お決まりの打ち上げもしっかりとやりました!

今年参加して頂いた皆さん、ありがとうございました。

セミナーの内容が少しでも皆さんのお役に立てていれば、大変嬉しいです。
参加者の皆さん、素敵なウインターシーズンをお迎え下さい!


| Biz.レポート | 22:51 | comments(0) | - |



関根学園高校スキー部トレーニングサポート @上越高田 2012 #5
 



今季5回目のトレーニングサポートをしに、上越高田の関根学園高校に行ってきました。
まず前半は体育館でオフシーズン最後のパフォーマンステスト。

全員メチャクチャ、ファンクショナルモーションが向上していました。新潟県連のヨーロッパ遠征に行った選手は雪上の基本トレーニングで、ファンクショナルモーションTRの効果を実感した様ですし、帯同コーチの方からも高評価を得られていた様です。

当然と言えば当然のことなのですが、陸トレで片足支持バランスが悪ければ、雪上トレーニングで片足スキーなどで十分なパフォーマンスを発揮出来ないのは明らか。

あとエアロビックパフォーマンスを計るシャトルラン(YO-YO test)では、全体的にかなりレベルアップしていました。

特にキャプテンの石野渓太選手は、今季全国各地で開催したSALOMONのフィジカルトレーニングキャラバンや各高校などで実施したパフォーマンステストの中で、ベストリザルトをマーク。146回を記録しました(因みにU18男子の目標値は140回で設定)。素晴らしいデス。



後半は視聴覚室に移動して、シーズン中の効果的なコントレとして、イメトレにおけるカラダの動かし方をレクチャーしてきました。

横山監督が普段選手に見せている外人選手の滑りを元に、動きを真似てみる。形を真似るのでは無く、動きを真似てみる。

動きを真似るポイントは
・骨盤の向き:重心の移動する方向
・骨盤の傾き:左右の荷重変化
・大腿(もしくは膝)面の向きと骨盤:差分だけ捻り動作が生じている
・両膝の高さの差:股関節の屈曲差が判る...etc.
など、画像からカラダの動きを分析して、フィードバックしていくトレーニングを行いました。

次回彼らに会うのは、多分年末の雪上合宿。
よりファンクショナルモーションの精度が上がって、さらにゲートにフルアタックで行ける様に、サポートしていきます。





| Biz.レポート | 22:54 | comments(0) | - |



S-CHALLENGE スキーコンディショニングワークショップ #117 @武蔵野の森公園
 


今日はまさに「秋晴れ」な天気、朝はかなり冷え込みましたが、ワークショップが始まる時間になると陽射しの強さを感じ始め、終わるころには皆さん汗ばむ感じになるくらい、大変天候に恵まれたワークショップになりました。

今回のトレーニングテーマは「斜面でのベーシックフィールドトレーニングで股関節の機能性を高める!」。

今年は特に股関節の機能に関するテーマを沢山設けております。その理由としては下半身の3関節(股関節・膝関節・足関節)において、関節の機能的に多方向に動かせる関節は股関節と足関節の2関節になりますが、ブーツを履くと足関節の側方動揺に対応出来る動きが制限されてしまうので、スキーを滑る際に多方向に動かせる関節は股関節に限定されてしまうからです。



ここがオフトレをする際の大きなポイントがあります。陸トレでは足関節が使えるので、多方向の動作のトレーニングをすると、足関節の動作を多用してしまい、股関節の動きが少なくなってしまいます。

陸トレで股関節の動きを大きく取れないと、雪上トレでも股関節の動きはコンパクトになってしまい、場合によっては膝関節が代償動作をすることにより、膝関節への負担やケガのリスク増、となってしまう訳です。

足首の動きを制限し、荷重位置をシビアに感じてもらいつつ、股関節の動きを大きくする、それが後期ワークショップの大きなテーマでした。

指導員の方や国体レーサー、技術選参加者などかなりレベルの高い方が多く参加して頂きましたが、シビアなバランスの中でのトレーニングで、感覚的にヒントを得た方も多かった様です。

今季のワークショップも残すところあと1回。
11月18日、「斜面で動けるポジションづくり」というテーマで開催します。






| Biz.レポート | 17:39 | comments(0) | - |




CATEGORIES
SELECTED ENTRIES

Twitter:ezy_jp

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2012 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ
    飯島庸一 (11/07)
  • SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ
    マキノ松本 (11/03)
  • 今季注目のShiffrin Mikaela選手(USA 95年生)のフリースキー映像
    「M」 (03/10)
  • 今季注目のShiffrin Mikaela選手(USA 95年生)のフリースキー映像
    Speed Flex (03/10)
  • テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング
    ezy (11/15)
  • テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング
    dmsjohn (11/10)
  • 全日本アルペン女子チーム、北欧滞在中!
    Kakitani Akemi (12/12)
  • 全日本アルペン女子チーム、北欧滞在中!
    こいけ (12/11)
  • 全日本スキー連盟 チルドレン・コンディショニング強化合宿(長野・菅平)
    ezy (09/04)
  • 全日本スキー連盟 チルドレン・コンディショニング強化合宿(長野・菅平)
    くまさん (09/03)
LINKS
PROFILE
    クリックで救える命がある。