S-CHALLENGE Bizlog

 
エスチャレンジ代表・フィジカルトレーナー飯島庸一の活動レポートのほか、ワークアウトやトレーニングに関するTips、コンディショニングワークショップやトレーニング講習会のご案内、フィットネストレンドなどをご紹介!
北海学園札幌高校スキー部 コンディショニング強化合宿(北海道・士別)
 
札幌から旭川を過ぎて、「合宿の街・士別」にやってきました。士別は特に陸上競技の合宿が盛んな街で、夏場は快適な練習環境や湿度の低い気候を求め、全国各地から実業団や大学チームが集う、まさに合宿の街です。

例年サポートしている北海学園札幌スキー部も士別合宿は毎年恒例の夏合宿となっています。今回は3泊4日のスケジュールでコンディショニング強化合宿を行ってきました。 

ここの練習環境があまりにも良すぎるので、選手達にとってはかなりきつい合宿だったと思うのですが、宿泊先の宿のご飯がとても美味しくて、いくら追い込んでもバテる様子はありません。(笑)

ここでは普段のトレーニング環境では出来ない、様々な要素のトレーニングバリエーションを沢山行うことが出来、非常に充実した合宿になったと思います。










 
| Biz.レポート | 20:41 | - | - |



月刊「スキージャーナル」オフトレ連載・撮影 3
 
スキージャーナル10月号の撮影をしました。今回は斜面でのフィールドトレーニングの撮影で、早稲田大学の佐藤祐亮選手と水口かおり選手にモデルに協力してもらいました。 

2人は高校時代からトレーニングのサポートをしているので、こちらの動きやフォームの要求にも的確にカラダで表現してもらって、改めて2人のフィジカルレベルの高さを感じました。

早朝からの撮影でしたが、朝から本当にもし暑く2人は本当に大変だったと思います。
協力ありがとう!

撮影終盤は雨がパラついてきましたが、何とか予定のコンテンツを撮影し終えて、無事に終了出来ました。








| Biz.レポート | 20:23 | - | - |



早稲田大学スキー部 トレーニングサポート3(埼玉・所沢)
今年3回目の早稲田大学スキー部のトレーニングサポートを早稲田大学・所沢キャンパス内で行いました。内容は引き続き前後ポジションコントロールと斜面への適応トレーニング。

参加選手はみな大学の中でもトップクラスの選手達だけど、細かいポジションのクセはなかなか雪上で修正することが出来ません。技術が高い分だけ、多少動作にイメージとの差違があっても、それなりに滑れてしまうので、雪上の方が意識しにくいこともあります。でもその細かな動きの修正が100分の1秒のタイム差になってくる訳です。1ターンで100分の1秒違って、50ターンしたら0.5秒の差。アルペンスキーでは2本滑る訳だから、100分の1秒の修正が1秒の差になってくるのです。

動作を意識しやすい様に、動作規制を取り入れて色々なバリエーショントレーニングを消化しました。

そして、一通り課題を消化したあとは、「恒例」の変則サッカー。とりわけ今日は暑かったので、20分×2セットしかやっていないのに、終わった時には軽く目まいが.....(笑)。正直、私は疲労度はMAXでした。








| Biz.レポート | 17:26 | - | - |



RID+岩谷コンサルタント ワークショップ(愛知・名古屋)
 
今年で3年目、名古屋のRID チューンナップサービスとスキー界では知らない人はいない元五輪選手・岩谷高峰氏のセミナーの講師として、大同町にあるトーエネック教育センターにお邪魔してきました。

今回も集まりに集まって頂き、50名ですか。凄いです、名古屋のスキー熱。確かにこの日の名古屋は熱かった....、36度ですか。

講習テーマですが、今回は「スキーヤーのための脳トレクイックネス+コアエクササイズ」ということで、参加者の年齢幅や技術幅が広いので、単純なフィジカルトレーニングではなく、脳と筋、両方に働きかける様なエクササイズをメインにお話させて頂きました。

ただ前提には多方向に素早く反応出来るファンダメンタルポジションが非常に重要になってきますので、運動の自動化を促すためにアライメントを整え、複雑な課題のクイックネスを行い、ファンダメンタルポジションのトレーニングを少し多めにしました。

また秋にお邪魔することになると思いますので、その時にまでに今回の課題をしっかりクリアして頂いて、シーズンへのパフォーマンスにつなげていきましょう。










| Biz.レポート | 22:37 | - | - |



大東文化大学スキー部 トレーニングサポート(埼玉・東松山)
 
今季初めて大東文化大学スキー部のトレーニングサポートに行きました。最初は坂戸市の体育館を使って約2時間、提供しているトレーニングプログラムの中でも複合的な動作のエクササイズを集中的にチェックし、その後大東文化大学のトレーニングルームに移動して約1.5時間、ウエイトトレーニングのフォームチェックや実践的なトレーニング理論の説明を色々させてもらいました。

大東文化大学のトレーニングルームに入ったのは今回が初めてなのですが、すばらしい施設ですね。スクワットラックだけでも5〜6台はあったでしょうか。 充実したトレーニング環境でした。

あと2週間で夏休みに入り個別練習になると思いますが、自分自身で目標を常に読み返して、9月に再び集合した際には全員がレベルアップして再スタート切れるように頑張って欲しいですね。

(しかし、何故1・2年生の男子は坊主だったのだろうか...)







| Biz.レポート | 22:27 | - | - |



コンディショニングワークショップ 82nd.(東京・多摩市)
 
毎回満員のご参加で、皆さんのスキーに対する熱い思いを毎度再認識させて頂いています。

今回のワークショップでは「SLやコブ斜面で素早く動ける様になるためのステップワークトレーニング(ベーシック)」というテーマで、エスチャレンジが開発したステップワークトレーニングをメインに、前回と同じウェルサンピア多摩で行いました。

SLやコブ斜面などでは不規則なリズム変化に対して素早い動作で対応する必要がありますが、その素早い動作を可能にするための基本ポジション作りとして、ステップワークディスクを用いた可変的なコーディネーション+クイックネスエクササイズを行いました。

やはり左右の得意不得意、前後動作で振られると動けなくなるポジションにはまってしまう、など色々ご自分のパターンが理解出来て、そして少しずつ違う動作、違う感覚へチャレンジすることで、最後の方はかなりスムーズに動けている感じがしました。

次回は少し間隔が開いてしまいますが、8月24日に今回と同じテーマのアドバンス編を行います。








| Biz.レポート | 22:14 | - | - |



早稲田大学スキー部 コンディショニングトレーニングサポート2(埼玉・所沢)
 
今季2回目の早稲田大学スキー部のサポートに行ってきました。今回は「ポジションコントロール」をメインテーマに芝斜面を利用してトレーニングしました。
(しかし、こんな芝の斜面が自由に使えるなんて、とても良いトレーニング環境にありますね。)

特に今回はシンプルに斜面に対する外傾姿勢(外向は意識しない)とスクワッティング動作の様な上下動の連鎖性とスペーシングコントロールトレーニング。シンプルな動作ほど動作の本質が出来ていないと出来不出来がハッキリして、しかも自分自身で自覚出来ることがこの時期のトレーニングには必要です。動作を規制したり、運動範囲を規制すると、非常に動作の正確性の要求度が高まりますが、この中で一番上手かったのは2年生の水口選手。久々に申し分ない動作を見ることが出来ました。本人曰く、ようやく殿筋とハムストリングの使い方が理解出来る様になりました、とのこと。彼女にアドバイスするようになってからかれこれ3〜4年。動きを憶えるということが、いかに時間のかかることか、改めて実感しました。

因みに翌日行われた夏季インカレでは女子は総合1位になったそうです。おめでとう!










| Biz.レポート | 22:02 | - | - |



月刊「スキージャーナル」オフトレ連載・撮影 2
 
スキージャーナル9月号の撮影をしました。今回はフィールドでの撮影がメインで行いました。

具体的な内容は本誌を読んで頂くとして、その中の1つのトレーニングでファンクショナルクイックネスという内容があります。クイックネスというとすぐに単純に早く動けば良いとばかりにスピードだけ求めてトレーニングしている選手いますが、そういうトレーニングは雪上のパフォーマンス(競技成績)に結びつきにくいと思いますし、ケガの誘発にも繋がります。カラダの機能的な動作を理解して、クイックネスをすることによって、「正しく早い動作」が身につきます。

内倒するための素早い動作を身につける目的でトレーニングする選手は誰一人いないはずなのに、オフトレで色々なところで講習やワークショップされて頂くのですが、60〜70%の人があまり
その辺の理解をしないまま、トレーニングバリエーションの目新しさだけ追求してトレーニングしている様な気がします。

何の役に立つトレーニングなのかを十分理解してからトレーニングして頂くと、必ず良い動作が身についていきますので、是非写真やエクササイズバリエーションだけを追うのではなく、本文やエクササイズの方法や注釈の本質を理解して頂き、トレーニングして欲しいなあ、と思います。





| Biz.レポート | 21:48 | - | - |




CATEGORIES
SELECTED ENTRIES

Twitter:ezy_jp

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2008 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ
    飯島庸一 (11/07)
  • SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ
    マキノ松本 (11/03)
  • 今季注目のShiffrin Mikaela選手(USA 95年生)のフリースキー映像
    「M」 (03/10)
  • 今季注目のShiffrin Mikaela選手(USA 95年生)のフリースキー映像
    Speed Flex (03/10)
  • テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング
    ezy (11/15)
  • テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング
    dmsjohn (11/10)
  • 全日本アルペン女子チーム、北欧滞在中!
    Kakitani Akemi (12/12)
  • 全日本アルペン女子チーム、北欧滞在中!
    こいけ (12/11)
  • 全日本スキー連盟 チルドレン・コンディショニング強化合宿(長野・菅平)
    ezy (09/04)
  • 全日本スキー連盟 チルドレン・コンディショニング強化合宿(長野・菅平)
    くまさん (09/03)
LINKS
PROFILE
    クリックで救える命がある。