S-CHALLENGE Bizlog

 
エスチャレンジ代表・フィジカルトレーナー飯島庸一の活動レポートのほか、ワークアウトやトレーニングに関するTips、コンディショニングワークショップやトレーニング講習会のご案内、フィットネストレンドなどをご紹介!
コンディショニングワークショップ 70th.(東京・自由が丘)
今回も開催会場は東京・自由ヶ丘の東京体育専門学校のご厚意で会場をお借りして、ワークショップ70th. を開催致しました。 今回は講習ではなく「アルペンスキーヤーのためのフィールドテスト」。 春から行ってきて3回目となりますが、正直かなりきついのです(笑)。 フィールドテストというのは、特殊な測定機械を使用せずに、手軽に出来るフィットネステストです。 手軽といってもフィットネステストですから、やはり種目によっては脚がよれます。 S-CHALLENGE T.P.W.のワークショップの傾向として、楽しみながら行えるトレーニングは比較的参加者が多いのですが、このワークショップの様にきついものはどうしても皆さん二の足を踏んでしまうようです(笑)。 でも今回は勇気ある(決意ある?)6名の方が参加され、自分の苦手な要素は何なのかを、シーズン前に再確認していました。

□Photo 1:計測する種目は全部で9種目。 どれも特殊な器具を使用するものでは無いので、トレーニングとしても活用出来るもので構成しています。 計測は運動時間が短いものから長いものへ行っていきました。 ブラインドストークバランスといって股関節のフレキシビリティとバランス能力の両方をチェックするものから、ミドルパワーの中でスキーの動作の得手不得手をチェック出来る台飛びなどを行いました。


□Photo 2:これはヘキサゴンドリル。 時計回り3周の回り方と反時計回りのやり方の2回を計測。 全米ナショナルチームもトレーニング&フィールドテストとして活用しているもので、単純なクイックネスだけではなく、スペーシング(空間的身体調整)能力もチェック出来ます。 単なる体力だけではなく運動の正確性や連動性自体もフィールドテストではチェック出来るので、スキーヤーにはお勧めのチェック&トレーニングです。


□Photo 3:フィールドテスト9種目の他に、今回に限り横方向のにおける動作パワーの左右差のチェックを行いました。 これは左右の移動距離を一定にしてパワーの差をチェックすることにより、ターンの得意不得意の移動スピードや力の発揮の差から、検証&再調整していくものです。 特にロングターンのパフォーマンスに関係してきます。


□Photo 4:今回使用した器具はアメリカに直接発注して3ヶ月待ちでようやく手にしたもの。 フリーウエイトやマシントレーニングにも利用出来るので、高価な特殊検査器具の様な単一方向だけではなく、様々な方向への筋スピード、移動距離、トルクなどが手軽にチェック出来るかなりの優れものです。 これからの時代、コンディショニングコーチの必需品になりますね。
 


| Biz.レポート | 14:42 | - | - |



東京大学ラビットスキーチームサポート(東京・駒場)
今回は東京大学のラビットスキーチームのサポートをレポートします。 今年から「アスリートプログラムサポート」のチームサポート契約を結んで、今回が3回目のトレーニングサポートになります。 東大ラビットチームは週に2回、東大駒場と本郷の校舎でチームトレーニングを行っているので、S-CHALLENGE T.P.W.ではその週2回行われるチームトレーニング用のプログラムと各自がチームトレーニング以外に自宅などで手軽に行えるトレーニングプログラムの2種類を提供しています。 今回は外の天気があまり良くなかったので、比較的大きな教室の中で新しいトレーニングプログラムに記載されているエクササイズの正しい行い方を実際にチームの皆さんに行ってもらって、動きのチェックやトレーニング方法をアドバイスしていきました。

この時期に組み込むエクササイズは動きが複雑なクイックネスやコーディネーションエクササイズが多いので、チームの皆さんも動きを正確に理解し、カラダで表現するのは大変です。 しかし、メンバー同士がアドバイスしあって、動きを体得していきました。

みな各エクササイズの動きを実際に体験し、確認しながらトレーニングのポイントをメモしています。 もうすぐでシーズンですから、アドバイスとして、なるべく各エクササイズにスキーの動作とかみ合わせて、イメージトレーニングも一緒に行えるようにアドバイスさせて頂きました。

 


| Biz.レポート | 14:42 | - | - |



全日本男子ジュニアチーム・コンディショニング強化合宿(千葉・日本エアロビクスセンター)
全日本ジュニアチームは16日から約2ヶ月間のヨーロッパ遠征を前に、?3h日か2泊3日のコンディション調整合宿を千葉の日本エアロビクスセンターで行いました。 ちょうど同じ期間に大連から来た歌って踊れる女子プロレスラー軍団やサッカー協会の講習会で先に引退した北澤元選手。 CMの撮影で水泳の世界チャンプ・北島選手らがいて、これから世界の舞台で戦いに挑む我らがジュニア4選手にはとてもよい刺激になったと思います。 

コンディション調整なのですが、長い遠征が待ちかまえているので、遠征先で手軽に出来るエクササイズの正確なやり方をレクチャーしながら、オフシーズン最後のチェックを行いました。 かなり皆良い仕上がりで遠征での活躍が期待出来そうです。 長い遠征なので、今回は楽しみながら汗を流すことも沢山行いました。 バドミントンやスポンジテニス、卓球などなど。 ゲームだけど、そこはアスリート。 すぐに試合になってしまい、常に白熱したゲームを繰り広げていました。

 


| Biz.レポート | 14:41 | - | - |



ナイキジャパン・ジュニア指導者講習会(岡山)
今回はナイキが全国のジュニアアスリート育成の底辺を広げる目的で行われている各地方の子供達の育成に関わっている若きスポーツ指導者達のトレーニング講習会のために、私の大学の先輩でもあり、トレーニングの師でもある横山格朗氏と一緒に岡山で講演・講習をしてきました。 この講義・講習は前半がジュニア育成における指導ポイントの講義と導入部の実技を横山氏が行い、後半の神経系トレーニング実技として、ステップワークトレーニングをメインに講習を行いました。 後半は私自身が行ったので、写真は無しですが、皆さんホント熱心にトレーニング実技を行ってくれました。

最初は横山氏が子供の成長や発育の特性とトレーニングの関係や方向性を解説。 岡山だけではなく近県からも参加された若き少年スポーツ団などのリーダーや指導者は約30名。 皆、熱心にメモを取り、横山氏の作成した資料に目を通していました。

続いて今回のテーマの神経系のトレーニングの導入エクササイズである、コーディネーショントレーニング。 アメフトのアップエクササイズなども組み込まれ、楽しくカラダを動かしていました。

 


| Biz.レポート | 14:40 | - | - |



コンディショニングワークショップ 69th.(東京・自由が丘)
今回も東京体育専門学校のご厚意で会場をお借りして、ワークショップ69th. を開催致しました。 講習のテーマは「ダイナミックコーディネーションとリスクコントロールトレーニング」。 単純なコーディネーションではなく、ある動作を規制したり反対に増やしたりした複雑で動きの大きな中でのコーディネーションのトレーニングをミニトランポリンやボールなどを使って行い、さらに複数の運動を並列して同時に行うリスクトレーニングを行いました。 なかなか1人ではトレーニング出来にくい要素なだけに、参加者の皆様は四苦八苦していましたが、最後の方はかなり動きのバランスが良くなっていました。 

□Photo 1:手足を別々に動かすコーディネーショントレーニングを終えた後、平均台でバランスを保持しながらパートナーからテニスボールを指定された手でキャッチしたり、反対に投げたり(投げ方を指示)して、少しずつ手と足を同時にしかも違うことを行うことに慣れていきます。
□Photo 2:連続してミニトランポリンを飛ぶことにより、空中でのバランスコントロールが求められ、ひとつひとつの動作の正確性とスペーシング(空間的位置移動感覚)能力がトレーニングされます。
□Photo 3:基本的なミニトランポリンでのスペーシング能力をトレーニングした後で、3人で組になってステップワークディスクを用いて、瞬間的な判断能力とスペーシング能力や動きのタイミングをトレーニングしました。 これは非常に複雑なトレーニングですが、トレーニング自体は楽しいものなので、参加者の皆さんがかなり楽しんでトレーニングしていました。
□Photo 4:最後はステップワークディスクで足運びやそのリズムを規制し、さらに手でバランスボールを右手と左手交互にドリブルするという、超難度のトレーニング。 雪上で自分の滑りを修正していくとき・・・「肩のラインをこうして、腰の向きは・・」などと考えると思います。 手足の違う動作をこなさないと滑りのパフォーマンスは高められないのです。 これら一連のトレーニングはパフォーマンスを高めるのに非常に役立ちます。
□Photo 5:リピーターの方が多いのがS-CHALLENGE T.P.W.のワークショップの特徴なのですが、今回は初めてお会いする方がかなり多く、最年少の12才の女の子もいらして、こちらもかなり楽しんでワークショップを進めさせて頂けました。

 
 
 


| Biz.レポート | 14:39 | - | - |




CATEGORIES
SELECTED ENTRIES

Twitter:ezy_jp

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2003 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ
    飯島庸一 (11/07)
  • SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ
    マキノ松本 (11/03)
  • 今季注目のShiffrin Mikaela選手(USA 95年生)のフリースキー映像
    「M」 (03/10)
  • 今季注目のShiffrin Mikaela選手(USA 95年生)のフリースキー映像
    Speed Flex (03/10)
  • テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング
    ezy (11/15)
  • テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング
    dmsjohn (11/10)
  • 全日本アルペン女子チーム、北欧滞在中!
    Kakitani Akemi (12/12)
  • 全日本アルペン女子チーム、北欧滞在中!
    こいけ (12/11)
  • 全日本スキー連盟 チルドレン・コンディショニング強化合宿(長野・菅平)
    ezy (09/04)
  • 全日本スキー連盟 チルドレン・コンディショニング強化合宿(長野・菅平)
    くまさん (09/03)
LINKS
PROFILE
    クリックで救える命がある。