S-CHALLENGE Bizlog

 
エスチャレンジ代表・フィジカルトレーナー飯島庸一の活動レポートのほか、ワークアウトやトレーニングに関するTips、コンディショニングワークショップやトレーニング講習会のご案内、フィットネストレンドなどをご紹介!
金谷プロとのゴルフ本の撮影(栃木・宇都宮)
来春に金谷多一郎プロと共著となるゴルフの本が出版されることになり、その技術編の撮影のため宇都宮のサンヒルズカントリークラブに出張致しました。 この出版される本はテクニカルな部分を金谷プロが著述し、コンディショニングの部分を私 Ezyが担当するというものです。 今回の撮影はその金谷プロの担当の部分をメインに撮影するものなのですが、ゴルフのスイング動作に関する機能解剖的な動作の分析能力を高めるために、1つ1つの技術トレーニングの動作的な裏付けを金谷プロに質問させて頂き、それを元にコンディショニングエクササイズを決めていく手はずでいまして、私は記録用として自分のビデオカメラを常に回しながら、2日間金谷プロに質問を繰り返ししつづけました。 そのおかげでかなりスイング動作の機能解剖的な分析やそれを具現化するためのトレーニングも明確にすることが出来ました。 あとはもう1回コンディショニングトレーニング編の撮影をして、年内に全ての原稿を入稿という段取りです。

丁度撮影の2日間は天気が良く、夏日。 バックの青空と芝の緑が素晴らしく、まさに「撮影日和」となりました。 コンテの内容に従って次々にテクニカルなコマの撮影が進んでいきます。 夏日なのレフ板を当てられて・・・、すぐに金谷プロが真っ黒く日焼けしてしまうのが理解出来ました。 

今回のゴルフ本はかなりカラダの使い方やトレーニングの仕方に焦点が当てられた構成になっていますので、ゴルフ場でも効率よくカラダを使うためのトレーニング方法を沢山撮影しました。 我々の様なゴルファーは平坦な芝面でボールを打つことの方が少ない訳ですから、このような傾斜でのカラダの使い方は身につけなければならない「技術」の一つでもあります。

金谷プロは少年マガジンに連載された「碧の昴」の主人公「昴」くんのモデルとなった人物。 アイアンでゴルフボールをお手玉の様に扱う小技はプロの中でも天下一品です。 ホント、間近で見れる私は幸せです(役得!)。

 
 


| Biz.レポート | 14:38 | - | - |



スキーコンディショニングワークショップ 68th.(千葉・日本エアロビクスセンター)
9月13日より2泊3日のスケジュールで千葉県の日本エアロビクスセンターにてスキーヤー向けのコンディショニングワークショップを開催しました。 参加者はお仕事の都合やケガされた方などいらして、少々少な目となってしまいましたが、非常に天候に恵まれて、十分な運動量を確保出来たワークショップとなりました。 なんといっても目玉は芝の大斜面でのクイックネスやSL&GSのシュミレーショントレーニング。 なかなか普段ではトレーニングすることの出来ない環境を利用出来、雪上に非常に近い感覚の中でトレーニングが出来ました。 また夜には昼間のトレーニングの際に撮影したビデオの動作の分析やサプリメントなど栄養の講義、スキーやトレーニングの話題に華をさかせた懇親会など、非常に充実したスケジュールを消化出来、企画した我々としても非常に満足出来る内容をお届け出来たと思います。

□Photo 1:芝の斜面でのスペーシング&クイックネストレーニング。 自分の空間的な感覚と素早い動きを同時に求め、そして高めるトレーニング。 斜面で行うことにより、より雪上で出現する前後方向のポジションコントロールのクセが出て、とても今の時期に行うトレーニングとしては有効的なものです。


□Photo 2:芝大斜面を目一杯使用して、GSのシュミレーショントレーニング。 傾斜がかなりあるので、全速力で走ってくるとかなり強い遠心力を感じることが出来、非常に上体の向きや肩・腰のラインなどの雪上のクセが出やすい箇所のチェックが沢山出来ました。 全てこれらの動作はビデオ撮影して夜のミーティングでひとつひとうの動作の分析や検証を行いました。


□Photo 3:スキー動作に直接結びつく動きだけではなく、様々なコーディネーションやバランストレーニングなど、幅広いエクササイズバリエーションの紹介とそのポイントを説明していきました。


□Photo 4:男臭いワークショップとなりましたが、夜の懇親会も時間を気にせずにスキーの話しやトレーニングの話しが進み、深夜まで語り合えてとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。 2泊3日、参加された皆さんご苦労様でした。



| Biz.レポート | 14:38 | - | - |



全日本男子ジュニアチーム・コンディショニング強化合宿(千葉・日本エアロビクスセンター)
今季のチーム編成になって3回目の全日本チーム(男子ジュニア)のコンディショニングキャンプを千葉で行いました。 ちょうど、合宿初日から暑さがぶり返し始めたため、かなりカラダにきついトレーニング環境となりましたが、スケジュール通りに十分なトレーニング量が確保出来、また楽しみながら&ハードなキャンプを展開することが出来ました。 今年のチームは過去に例がない位、体格の良い選手が揃っているのが特徴。 しかし、チームに選抜される前にケガをしている選手が数名いるので、今年のテーマはリカバリーの対応能力の向上が最大のテーマとしてプログラムを構成してキャンプを行っています。 この辺の内容は常設のワークショップにもフィードバックして、皆さんにもご案内していきます。

 
 


| Biz.レポート | 14:37 | - | - |



ナレッジワークショップ 63.65.67th. (東京・渋谷)
今回は通常のコンディショニングワークショップではなく、スポーツ専門家(コンディショニングコーチやアスレティックトレーナーなど)の方々に私どもS-CHALLENGE T.P.W.の業務運営のノウハウと選手サポート業務の主幹となっているデータベースソフト「ファイルメーカープロ」の活用方法などをレクチャーするワークショップを渋谷ネクサスにて、全3回のスケジュールで企画・開催しました。 このワークショップは私個人的に展開したかったナレッジワークショップでしたが、告知を十分にすることが出来ず少々残念でした。 しかし、参加者には国立スポーツ科学センターへの納品も決まったソリューション「Program Designer」をおお見せ出来たり、ファイルメーカーを活用することにより、さらに効率的にトレーニングプログラムの作成が出来たり、データの管理・活用がしやすくなるということは理解していただけたようなので、主催者としては満足出来る講義が出来たと思います。 

初めてファイルメーカーというソフトを知った方もいますので、講義はソフトの用語や基本使用方法から始めて、このソフトがどの様にスポーツ専門家(コーチやトレーナーなど)に役立つのか、どの様に活用すれば良いのか、など基本事項を中心に進めました。

講義は私 Ezy愛用の PowerBook G4 の画面をプロジェクターでミラーリングしながら、進行していきました。 講義では一方的に解説するだけではなく、実際にいくつかのテーマをこちらから出して、その課題に沿ってサンプルのファイルを作成したり、スクリプト(命令)を設計したり、ファイル同士をリレーション設定して関係を持たせてファイルを管理させたりするところまで、各参加者の方々に行って頂きました。

 


| Biz.レポート | 14:36 | - | - |




CATEGORIES
SELECTED ENTRIES

Twitter:ezy_jp

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2003 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ
    飯島庸一 (11/07)
  • SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ
    マキノ松本 (11/03)
  • 今季注目のShiffrin Mikaela選手(USA 95年生)のフリースキー映像
    「M」 (03/10)
  • 今季注目のShiffrin Mikaela選手(USA 95年生)のフリースキー映像
    Speed Flex (03/10)
  • テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング
    ezy (11/15)
  • テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング
    dmsjohn (11/10)
  • 全日本アルペン女子チーム、北欧滞在中!
    Kakitani Akemi (12/12)
  • 全日本アルペン女子チーム、北欧滞在中!
    こいけ (12/11)
  • 全日本スキー連盟 チルドレン・コンディショニング強化合宿(長野・菅平)
    ezy (09/04)
  • 全日本スキー連盟 チルドレン・コンディショニング強化合宿(長野・菅平)
    くまさん (09/03)
LINKS
PROFILE
    クリックで救える命がある。