S-CHALLENGE Bizlog

 
エスチャレンジ代表・フィジカルトレーナー飯島庸一の活動レポートのほか、ワークアウトやトレーニングに関するTips、コンディショニングワークショップやトレーニング講習会のご案内、フィットネストレンドなどをご紹介!
<< SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ | main | 関根学園高校スキー部トレーニングサポート @上越高田 2012 #5 >>
S-CHALLENGE スキーコンディショニングワークショップ #117 @武蔵野の森公園
 


今日はまさに「秋晴れ」な天気、朝はかなり冷え込みましたが、ワークショップが始まる時間になると陽射しの強さを感じ始め、終わるころには皆さん汗ばむ感じになるくらい、大変天候に恵まれたワークショップになりました。

今回のトレーニングテーマは「斜面でのベーシックフィールドトレーニングで股関節の機能性を高める!」。

今年は特に股関節の機能に関するテーマを沢山設けております。その理由としては下半身の3関節(股関節・膝関節・足関節)において、関節の機能的に多方向に動かせる関節は股関節と足関節の2関節になりますが、ブーツを履くと足関節の側方動揺に対応出来る動きが制限されてしまうので、スキーを滑る際に多方向に動かせる関節は股関節に限定されてしまうからです。



ここがオフトレをする際の大きなポイントがあります。陸トレでは足関節が使えるので、多方向の動作のトレーニングをすると、足関節の動作を多用してしまい、股関節の動きが少なくなってしまいます。

陸トレで股関節の動きを大きく取れないと、雪上トレでも股関節の動きはコンパクトになってしまい、場合によっては膝関節が代償動作をすることにより、膝関節への負担やケガのリスク増、となってしまう訳です。

足首の動きを制限し、荷重位置をシビアに感じてもらいつつ、股関節の動きを大きくする、それが後期ワークショップの大きなテーマでした。

指導員の方や国体レーサー、技術選参加者などかなりレベルの高い方が多く参加して頂きましたが、シビアなバランスの中でのトレーニングで、感覚的にヒントを得た方も多かった様です。

今季のワークショップも残すところあと1回。
11月18日、「斜面で動けるポジションづくり」というテーマで開催します。






| Biz.レポート | 17:39 | comments(0) | - |



コメント
コメントする










CATEGORIES

Twitter:ezy_jp

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2015 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ
    飯島庸一 (11/07)
  • SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ
    マキノ松本 (11/03)
  • 今季注目のShiffrin Mikaela選手(USA 95年生)のフリースキー映像
    「M」 (03/10)
  • 今季注目のShiffrin Mikaela選手(USA 95年生)のフリースキー映像
    Speed Flex (03/10)
  • テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング
    ezy (11/15)
  • テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング
    dmsjohn (11/10)
  • 全日本アルペン女子チーム、北欧滞在中!
    Kakitani Akemi (12/12)
  • 全日本アルペン女子チーム、北欧滞在中!
    こいけ (12/11)
  • 全日本スキー連盟 チルドレン・コンディショニング強化合宿(長野・菅平)
    ezy (09/04)
  • 全日本スキー連盟 チルドレン・コンディショニング強化合宿(長野・菅平)
    くまさん (09/03)
LINKS
PROFILE
    クリックで救える命がある。