S-CHALLENGE Bizlog

 
エスチャレンジ代表・フィジカルトレーナー飯島庸一の活動レポートのほか、ワークアウトやトレーニングに関するTips、コンディショニングワークショップやトレーニング講習会のご案内、フィットネストレンドなどをご紹介!
<< テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング | main | トレ論:冬場のコンディショニング調整のチェックポイント1(環境条件とコンディショニング) >>
コントレ論:ハードなトレーニングをしている選手ほど、風邪に注意!
「カラダを鍛えていれば風邪なんて引かない」、子供の頃に親や先生に良く言われました。鍛え方が足りないから、風邪を引くのだと。

実は、カラダを鍛えすぎると、風邪を引きやすくなります。正確に言えば、ハードなトレーニングやレースで疲労度が高いと免疫力が低下し、上気道感染症、いわゆる風邪にかかりやすいのです。

複数の研究データによると、「免疫グロブリンA」という免疫物質の分泌速度の低下とトレーニングの量や強度には関係が深いことが明らかになってます。十分な回復期間を設けないで、ハードトレーニングばかり続けていたり、疲労の回復が十分で無い場合、免疫グロブリンAの分泌速度が低下するのです。

この時期、私がプログラムサポートしている選手やチームからのリクエストでは「シーズン近いので、追い込んでいきたい!」というリクエストが多いのですが、風邪を引いて寝込んでしまっては、今でのコンディショニングが台無しになりますので、強度や難易度はある程度高めですが、トレーニング量は少し減らしていきます。

免疫グロブリンAの分泌速度の低下を抑えるためには、ペリオダイゼーション(トレーニングの強度や量、頻度を中長期的に調整する)をもとにトレーニングスケジュールを調整することの他に、緑黄色野菜の摂取も重要な鍵となるという研究結果も報告されています。

よく風邪予防にはビタミンCの摂取が有効、と言われていますが、ビタミンCの摂取の他に緑黄色野菜の摂取も風邪予防には不可欠と言えそうです。

計画的なトレーニングとビタミンCや緑黄色野菜の摂取で、「免疫グロブリンA」の分泌速度の低下を抑えて、風邪の予防をしていきましょう。

当然ですが、加湿、加温、うがい、手洗い、マスクも忘れずに!




| トレーニング・コンディショニング理論 | 14:32 | comments(0) | - |



コメント
コメントする










CATEGORIES

Twitter:ezy_jp

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2015 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ
    飯島庸一 (11/07)
  • SALOMON フィジカルトレーニングキャラバン 2012 @マキノ
    マキノ松本 (11/03)
  • 今季注目のShiffrin Mikaela選手(USA 95年生)のフリースキー映像
    「M」 (03/10)
  • 今季注目のShiffrin Mikaela選手(USA 95年生)のフリースキー映像
    Speed Flex (03/10)
  • テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング
    ezy (11/15)
  • テッド・リゲティ選手のハムストリングトレーニング
    dmsjohn (11/10)
  • 全日本アルペン女子チーム、北欧滞在中!
    Kakitani Akemi (12/12)
  • 全日本アルペン女子チーム、北欧滞在中!
    こいけ (12/11)
  • 全日本スキー連盟 チルドレン・コンディショニング強化合宿(長野・菅平)
    ezy (09/04)
  • 全日本スキー連盟 チルドレン・コンディショニング強化合宿(長野・菅平)
    くまさん (09/03)
LINKS
PROFILE
    クリックで救える命がある。